ロングライフ、シニアビレッジ開発で基本合意

ロングライフホールディングは、インドネシアで高齢者が定年退職後に第2の人生を楽しむための都市「シニアビレッジ」を開発する。22日に現地企業と協力して開発することに基本合意したと発表した。バンテン州タンジュンレスン経済特区の中に作る予定。ジャカルタの近郊の2カ所で…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産サービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:花粉症持ちには厳しい季…(02/26)

雇用オムニバス法、批判続々 労組・学生団体はともに反対表明(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首都圏で再び洪水、交通網や電気系統も影響(02/26)

産業省、4月にもEVの技術指針規定を公布(02/26)

タイヤ需要、新車市場低迷でも好調見通し(02/26)

丸紅、リッポー系シロアム病院に出資(02/26)

富士フ、政府要請でアビガン増産検討(02/26)

オムニバス法、税未納企業のネットを遮断(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン