ロングライフ、シニアビレッジ開発で基本合意

ロングライフホールディングは、インドネシアで高齢者が定年退職後に第2の人生を楽しむための都市「シニアビレッジ」を開発する。22日に現地企業と協力して開発することに基本合意したと発表した。バンテン州タンジュンレスン経済特区の中に作る予定。ジャカルタの近郊の2カ所で…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産サービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:あの人は「乾いたカネボ…(10/14)

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

【この人に聞く】健康食品の新興企業レモニロ 即席麺の人気広がる、輸出も開始(10/14)

大統領が最大野党党首と会談、連立結論出ず(10/14)

JICA支援の下水整備、21年に第1区着工(10/14)

東芝エネシステムズ、国営電力と覚書締結(10/14)

繊維の輸入手続きを厳格化、不正輸入増で(10/14)

19年経済成長率、0.2%下方修正=世銀報告(10/14)

調整省とカディン、経済特区開発で協力延長(10/14)

中小企業の原料調達支援、来年から本格始動(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン