• 印刷する

大凌集団、元取締役に改めてけん責処分

証券業務などを主力とする大凌集団(スティランド・ホールディングス)が、支配株主が関与する取引について、一般株主の同意を得なかったなどとして上場規則違反に問われ、同社の元取締役4人がけん責処分を受けた問題で、香港取引所(HKEX)の上場上訴委員会は24日、4人に改めてけん責処分を下した。

問題となった取引は1998年から2002年にかけて行われたもので、取引額は3億HKドル(現在のレートで約31億円)超。

上場委員会は元取締役らの懲戒ヒアリングを行った結果、08年に同社と元取締役らに対するけん責処分を下したが、異議申し立てがあったため、上場懲戒再審委員会、上場上訴委員会が処分の再検討を進めていた。

元取締役らは、既に裁判所から取締役への就任を禁じる資格停止処分を受けている。4人のうち2人は2010年まで取締役にとどまっていた。<香港>


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:NNA香港のオフィス近…(08/10)

隔離短縮で一定の経済効果 財界が歓迎、早期の全廃望む(08/10)

入境手続きスピード化、出発前に電子申告(08/10)

本土からの入境者も隔離短縮、自宅で3日(08/10)

新たに4045人感染、前日から5人増(08/10)

続落、ハンセン指数は0.2%安=香港株式(08/10)

香港取引所、A株指数連動の仕組商品初上場(08/10)

ロシア兵器、欧米の技術依存=英研究所(08/10)

電気代の値上げに備えよ、中電会長が警告(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン