• 印刷する

文化部が連続ドラマ制作に2億元補助、輸出奨励

文化部の龍応台部長はこのほど開催された「台北テレビフェスティバル」の席上、同部が良質な連続テレビドラマの制作を支援するため、今年総額1億9,500万台湾元(約5億1,000万円)を補助することを明らかにした。

19日付聯合晩報によれば、補助の対象は民間全民電視(FTV)の「龍飛鳳舞」、三立電視台(SET)の「英雄秀秀」、台湾電視(TTV)の「雨後驕陽」、中華電視(CTS)の「彩虹的那一辺」など5作品。補助は、多くのチャンネルでゴールデンタイムに「韓流ドラマ」が放送される中、「見る人をより感動させる台湾製のドラマを生み出し、東南アジアや北東アジア、欧米にも輸出したい」との意図がある。

このほど台北市内のホテルで開催された台北テレビフェスティバルには16カ国・地域から88の業者が参加し、欧州、トルコ、アフリカなどからもバイヤーが集まった。


関連国・地域: 台湾韓国欧州
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に一時帰国すること…(08/09)

7月輸出額、2番目の高水準 433億米ドル、半導体は2桁増(08/09)

中国軍、台湾演習を継続=圧力常態化(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ミサイル台湾越え認める、国防部「厳密に把握」(08/09)

中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止(08/09)

中国軍事演習で懸念共有、外相が国連総長と会談(08/09)

黄海での実弾訓練、国際飛行経路に影響なし(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン