• 印刷する

カルビー、杭州に康師傅と合弁子会社設立

カルビーは7月31日、台湾系食品大手、頂新グループの康師傅方便食品投資(中国)、伊藤忠商事と3社共同で、浙江省杭州市にスナック菓子の生産販売を手掛ける合弁会社を設立すると発表した。3社は現在、天津市でも合弁会社の設立を進めており、中国での売上高とシェアの拡大を図る。

新会社の名称は杭州カルビー食品。資本金は2,000万米ドル(約15億6,400万円)で、カルビーが51%、康師傅方便食品投資(中国)が45%、伊藤忠商事が4%をそれぞれ出資する。設立は今年10月となる見込み。

工場は来年1月の稼働を予定しており、まずは「かっぱえびせん」や「じゃがビー」などを生産する。将来的には「ポテトチップス」や「じゃがりこ」などの生産も計画しているという。生産能力は未定。

カルビーは2018年3月期に中国のスナック菓子市場でシェア10%、売上高500億円を目指しており、今回の合弁設立もその一環。今後の中国での事業展開については「華西地域などで検討中」としている。<浙江>


関連国・地域: 中国-浙江台湾日本
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路、年内に乗車券をオンライン販売へ(08/09)

テイクオフ:なぜ羽生結弦は中国で人…(08/09)

NEVに新たな値上げの波 電池材料が要因、需要影響軽微か(08/09)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

中国・五菱の小型EV生産開始、世界初(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

自動車業が今夏活況に、閑散期入りせず(08/09)

上期の車輸入台数17%減、金額もマイナス(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン