• 印刷する

JICA、ルソン北部でミニ水力発電調査へ

国際協力機構(JICA)はこのほど、ルソン島北部のイサベラ、イフガオの両州で小型水力発電所の事業化調査を実施することで、国家かんがい庁(NIA)、エネルギー省と正式に合意した。イフガオ州では一般的な流れ込み式発電所、イサベラ州ではかんがいの落差を利用した発電所の建設を視野に入れている。

JICAフィリピン事務所の担当者が7日、NNAに説明したところによると、事業化調査は無償資金協力として実施され、年内に完了する見通し。その後、審査を経て来年早々にも事業化の可否が決定するという。

同担当者は、これらの小型水力発電事業が、JICAが注力分野として位置付けるグリーン成長と中小企業支援を備えた案件と指摘。特にかんがいを利用した低落差の水力発電では、日本の中小企業が有する技術力を発揮できるとの認識を示した。

マニラブレティンなどによると、NIAのナンヘル長官は両発電所について、来年の着工、2014年の稼働に期待を示しているとされる。

JICAは今回の調査に先立ち、エネルギー省などと共同で「水力発電資源インベントリー調査プロジェクト」を2010年2月から11年12月にわたり実施。フィリピン国内における水力発電の可能性を調査し、その結果を基にデータベースを作成している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「きょうはもう閉店です…(08/11)

経済特区新設へ再び法案 下院で提出、大統領の拒否受け(08/11)

東南ア日本商議所、ASEAN事務局と対話(08/11)

マリタイム銀、中古貨物船を競争入札で売却(08/11)

FDI純流入、5月は64%増(08/11)

原子力特別委、下院で発足(08/11)

エネ相、発電燃料で「国産化を強化」(08/11)

化学D&L、1~6月は過去最高益(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン