• 印刷する

許留山が本土出店を加速、ターゲットは若者

香港のデザートチェーン大手、許留山が、中国本土での事業拡大を加速している。現在は、香港、本土、マレーシアで計110店舗を展開しているが、来年末までに2倍以上の250店舗に増やす計画で、うち半数以上は本土での展開を予定している。ターゲットは若者層だ。7日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

許留山グループの周志霊(ウィリアム・チョウ)最高経営責任者(CEO)によれば、本土の店舗の多くは、延べ床面積が800~1,000平方フィート(約74~93平方メートル)で、香港の店舗より広い。周CEOは、客がリラックスしたり、友人に会ったり、インターネットをしたりする、コーヒーチェーンのスターバックスのような空間を造りたいと話す。

許留山は08年の深セン出店を皮切りに、本土では上海、杭州、蘇州、広州、中山、仏山の各市で店舗を展開。今年上半期(1~6月)には北京市に4店、天津市に2店をオープンした。本土店舗の平均売り上げは月に約30万人民元(約368万円)。

本土の巨大市場でフルーツの品質を保つのは難しいが、深セン市、上海市、北京市に集中調理施設(セントラルキッチン)を設置し、全ての管理を任せることで問題を解決した。物流などの面でコストがかかるため、北京市の店舗での販売価格は香港よりも10%高いという。

<香港>


関連国・地域: 中国香港マレーシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ホテル隔離3日間に短縮 12日から、4日間は行動制限(08/09)

新たに4040人感染、前日から234人減(08/09)

マカオからの珠海入境、検問所でPCR検査(08/09)

そごう運営の利福、株式非公開化へ(08/09)

消費券で売上高1割増、飲食業界が期待(08/09)

ペニンシュラ運営会社、中間決算は黒字(08/09)

反落、ハンセン指数は0.8%安=香港株式(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン