• 印刷する

テイクオフ:インラック政権発足から…

インラック政権発足から丸1年経ったが、評価は芳しくない。英字紙ネーションは論説で「教育分野でやったことといえば、児童への無料タブレット端末配布だけ。人気取りに熱心で、確固たる教育政策がない」と断じた。

コメ担保融資制度も「ポピュリズム政策」と地元紙の批判の的。タイは世界最大のコメ輸出国だが、7月前半までの輸出量はインド、ベトナムに抜かれ、3位に転落。政府が市場価格よりも高値でコメを買い取る制度に対し、「買い取り資金は血税」「輸出競争力低下の元凶」と手厳しい。

こうした政策の向こうに透けるのは、海外逃亡中のタクシン元首相。妹であるインラック首相は「操り人形」と批判される。政権が進める改憲、国民和解法案も、兄の復権とつながる。政権の行方がどう転ぶかは知れないが、タイで暮らす身としては、軟着陸を願わずにはいられない。(悠)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン