• 印刷する

7月の新車登録6%減、トヨタは首位に復帰

陸上交通庁(LTA)が発表した7月の新規自動車登録台数は、前年同月比5.8%減の2,335台となり、前月の9.2%減から減少幅が縮小した。ただ、4カ月連続のマイナス成長となっている。トヨタ自動車は2位のBMWに100台近い差をつけ、3カ月ぶりに首位に返り咲いた。

メーカー別では上位15社中8社が前年同月からプラス成長となった。中でも首位のトヨタは60.5%増の435台と大幅に台数を伸ばした。トヨタ以外に上位15位内に入ったのは、マツダ(約2.1倍の45台)、ホンダ(43.4%減の43台)、日産自動車(44.3%減の39台)の3社。日産自動車は前月の8位から14位に後退した。このほかの日系メーカーは、スズキが25.0%増の15台、スバルが11.1%増の20台、三菱自動車が66.7%減の3台だった。

ドイツ勢は明暗が分かれた。前月首位のBMWは17.6%減の342台で2位に転落。メルセデス・ベンツ(3位)も40.0%減の283台と2桁減となった。一方、前月2桁減のマイナス成長だったアウディ(5位)は一転して19.0%増の188台。フォルクスワーゲン(4位)も7.2%増の252台と堅調に台数を伸ばした。

韓国勢は、現代自動車(7位)が40.3%減の114台、起亜自動車(8位)が27.9%減の62台といずれも2桁マイナスとなり不振だった。 

■環境車は0.6%増

乗用車の総登録台数のうち環境適合車の数は、7月末時点で6,714台。前月末比では0.6%増加した。総登録台数(61万2,501台)に占める比率は、1.1%だった。

ハイブリッド車は1.5%増の4,229台となった一方、圧縮天然ガス(CNG)とガソリンの併用車は1.0%減の2,483台となった。電気自動車は2台で前月から変わらず。

環境適合車にはハイブリッド車やCNG車、CNGとガソリンの併用車、電気自動車が含まれる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市国家の象徴であるマ…(08/15)

高級オフィス賃料の上昇加速 需給逼迫で、当面は継続の見方(08/15)

漫画ネット販売TORICO、現法設立(08/15)

ケッペル、独で洋上風力発電事業の権益取得(08/15)

ゲーム開発のヴァーチャス、首都に拠点開設(08/15)

農作物商社オラム、1~6月は2%増益(08/15)

糖分などの表示義務、作りたて飲料も(08/15)

陸運コンフォート、1~6月は増収増益(08/15)

全国労働組合、労働者の意見反映の場を開設(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン