• 印刷する

6月小売売上指数、9カ月ぶりマイナス成長

統計局が15日発表した6月の小売業売上高指数(速報値、2010年=100)は前年同月比0.9%低下の105.0となり、0.6%上昇だった前月からマイナス成長に転じた。前年同期を下回ったのは昨年9月以来9カ月ぶり。前月比(季節調整済み)では0.4%低下した。

全14項目のうち前年同月比でマイナス成長となったのは4項目にとどまった。ただ、最も比重の大きい自動車が10.8%低下と大きく落ち込み、全体の足を引っ張った。時計・宝石(9.2%減)は前月からマイナス幅が拡大した。書籍・眼鏡は1.1%減だったものの、前月の6.8%減からは改善している。

一方、最も上昇幅が大きかった医療品・洗面用化粧品は17.8%上昇。通信機器・コンピューター(11.6%上昇)、スーパーマーケット(10.7%上昇)も2桁の伸びを示した。百貨店(0.8%上昇)と衣料品・靴(1.2%上昇)は前月からプラス転換した。

業界全体の売上高は前年同月からほぼ横ばいの30億Sドル(約1,900億円)だった。

外食産業指数は前年同月比4.9%上昇の112.0となり、前月の3.6%上昇から伸びが拡大した。全項目で前年同月を上回った。内訳は、配膳(はいぜん)が11.6%、レストランが5.2%、ファストフードが3.5%、その他飲食店が2.9%それぞれ上昇した。

外食産業の売上高は5億5,200万Sドルで、前年同月から4.7%増加した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料医療・医薬品繊維鉄鋼・金属IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染3541人、7週間ぶり低水準(8日)(12:08)

新規感染4798人、5日連続減少(7日)(11:32)

フィンテックフェス、11月に実会場で本格開催(08/08)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

三菱重工、廃棄物焼却発電事業を完全子会社化(08/08)

国立大、都市型農業研究センターを開設(12:52)

航空関連業界、上期に4千人を新規雇用(08/08)

ソフトバンクG赤字3兆円、国内最大(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン