• 印刷する

日系医療コンサル企業を買収、メディネット

医療技術開発などを手掛けるメディネット(横浜市港北区)は15日、医療機器に関する技術コンサルティングなどを手掛ける日系現地法人、北京邦万医療技術(北京市朝陽区)を買収し、完全子会社化すると発表した。買収額は非公開。今月中にも買収は完了し、本格的な営業開始は年内を見込んでいる。メディネットにとっては初の海外拠点となる。

メディネットによると、買収後の北京邦万医療技術の業務は、主にメディネットが持つがん治療に関わる免疫細胞治療技術の技術コンサルティングになる予定。北京邦万医療技術が持つ人脈を活用し、主要都市の大学や医療機関向けに営業を行う。中国ではがん患者が毎年280万人増えており、需要が見込めると判断した。

北京邦万医療技術は、バイオワン(東京都新宿区)の完全子会社で2005年の設立。今年5月末現在の資本金は3,000万円。

<北京>


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:お盆の夜、高齢の親族た…(08/15)

存在感増す電動車、投入続く 五菱EV1500台受注、展示会(08/15)

観光地の感染拡大止まらず 緩めゼロコロナの先行きに不安(08/15)

コロナ国内感染、5月上旬の高水準(08/15)

長城汽車、タイでの販売が通算1万台に到達(08/15)

運輸省、鉄道融資で中国と交渉再開(08/15)

経口コロナ治療薬、感染地域に急送(08/15)

日本人留学生、220人が渡航できず(08/15)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン