• 印刷する

中国とアルミナ共同生産へ、投資額870億円

インドネシアと中国は24日、アルミニウムの精錬原料となるアルミナを、インドネシアの西カリマンタン州で共同生産することで覚書を締結した。投資額は11億米ドル(約870億円)。2014年から未加工鉱物の輸出が禁止されるのに備え、世界最大のアルミニウム消費国である中国が原料を確保することが狙いとみられる。

アンタラ通信によると、インドネシアの投資会社インドヌサ・ドウィタマと中国のアルミニウム製造最大手中国アルミニウムの関係者が覚書を交わした。今後は年産200万トンの工場設置に向けて準備を進める。

建設は2段階に分けて実施する。まず15~16年をめどに年間100万トンの生産体制を構築する。稼働後に2~3年をかけて能力を倍増させる方針だ。

インドネシアでは14年からの未加工鉱物の輸出停止に向け、外資を中心とした投資家が加工施設の建設計画を進めている。中国は世界最大のアルミニウム生産・消費国であるため、鉱物関連企業による資源の確保に向けた動きが活発化している。

今月に入ってからは、少なくとも2社がフェロニッケル製錬所の建設計画を明らかにしていた。


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

穴吹興産、不動産販売に参入 日系初、外資規制緩和で事業拡大(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

清水建設が受注、MRT入札難航の末(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

日航サーチャージ最高を更新、10~11月発券分(08/19)

<資料>インドネシア電動車販売・生産台数(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン