• 印刷する

大日本印刷、包装材の生産能力を増強

大日本印刷は、海外での包装事業の中核拠点となるインドネシアで生産能力を増強している。首都郊外に構える既存工場の拡張を進めているほか、来年には新工場も設ける。来年に工場が稼働するベトナムと合わせ、包装製品の海外売上高を今年度見込みの230億円から15年には5割増の約350億円に引き上げる考えだ。

2000年に操業を開始した西ジャワ州のカラワン第1工場は、現在30億円を投じて4回目の拡張工事を実施している。完工後は軟包装の生産能力が現行比で2割拡大する。来年にはさらに30億円を投じて第1工場の近隣地で第2工場の建設を開始し、15年に稼働する予定だ。

インドネシアの生産拠点は一連の拡張後、既存のジャカルタ工場とカラワン第1工場、第2工場と合わせて3拠点体制となる。

現地法人DNPインドネシアによると、同国では洗剤やシャンプーなどの日用品や、粉末調味料やレトルト食品など食品用の包装材を主に生産し、製品の大半を現地で販売している。経済成長に伴い食品や日用品の需要が拡大しているのを背景に、包装材工場の増強を決めた。

大日本印刷の海外の包装材工場は現在、インドネシアだけ。グローバル展開を強化する一環で、6月には東南アジア地域の事業統括会社をシンガポールに設立。7月にはベトナム工場の建設を着工しており、13年4月に完工予定だ。


関連国・地域: ベトナムシンガポールインドネシア日本
関連業種: 食品・飲料その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(08/12)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン