• 印刷する

サービス細分化が鍵、次世代モバイルバンク

モバイルバンキング加入者が3,000万人を突破し、インターネットバンキングから進化した「次世代モバイルバンキング」の需要が高まっている。顧客層別のサービスが競争力の鍵だ。電子新聞が伝えた。

ハナ金融経営研究所の報告書によると、多機能携帯電話(スマートフォン)基盤のモバイルバンキング加入者は3,000万人を超えたが、一方で増加速度は弱まったという。このため、時代に合った次世代戦略の必要性が高まっている。

残高照会や振り込みなどの一般的なサービスだけでなく、利用頻度や年齢、性別などで顧客を細分化し、画面表示方法や金融商品などを差別化して提供する方法が有効だ。また、顧客の購買履歴や位置情報、消費パターンなどを分析し、活用率の高いカードを、特典や種類に応じて紹介する方法も考えられる。報告書では、こうした分析と戦略実行についてすでに具体化すべき時期に入っていると主張した。

同研究所関係者は「顧客の多様な利用情報を組み合わせて金融サービスへの要求を把握する分析力が問われる」と話した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン