• 印刷する

価格よりブランド重視、消費者の84%が回答

国内消費者の8割は、製品を購入する際に価格よりもブランド名などを重視する――。市場調査会社カンター・ワールドパネルが実施した調査でこのような結果が明らかになった。2日付ビジネスワールドなどが伝えた。

調査では、全体の84%が「より安価な代替品がある場合でも、知名度が高く信頼できる製品を購入する」と答えた。また、62%が「高価格の製品は高品質とみなす」と回答。カンター・ワールドパネルでは、「(国内消費者が)購入を決定する際には、価格よりも利便性や品質、ブランド名などを重要視する傾向にある」と分析している。

同社はまた、「個別包装の普及を受け、高価格の製品を購入する傾向は高所得層以外にも広がっている」と指摘。例として挙げたシャンプーと石けんでは、昨年の売上高のそれぞれ69%、47%を個別包装の製品が占めたという。

調査は日用消費財(FMCG)の消費動向の把握を目的として、国内3,000世帯を対象に実施された。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(15:01)

テイクオフ:ルソン島北部を7月下旬…(08/09)

再エネ導入目標20%上げ 政府、40年に5千万キロワット超(08/09)

新型コロナ、1~7日は新たに2万7331人感染(08/09)

6月失業率6.0%と横ばい、先行き不透明(08/09)

ガソリン値下げ、2週間ぶり(08/09)

ソーラー比、メラルコにベース電源提供へ(08/09)

メラルコ、140万kWの電力入札実施へ(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン