• 印刷する

カジノ仲介業者が危機、本土経済の停滞受け

中国本土の経済停滞の影響により、マカオのカジノにVIP客をあっせんするジャンケット(仲介業者)の間にも危機感が広まっている。債務回収や資金貸し付けが以前より困難になり、特に小規模ジャンケットは廃業や身売りの危機に瀕しているようだ。10日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

マカオでトップ10位に入るジャンケット、アジア・エンターテインメント・アンド・リソーシズの梁碩鴻(ケニー・リョン)最高経営責任者(CEO)によると、約15日の平均償還期間に対し、最近は2~3日の延長を希望する顧客がいるという。

また、あるカジノ運営会社幹部によれば、ジャンケットは与信枠を縮小しているようだ。

専門家は、一般的に債務回収が不得意な小規模ジャンケットへの影響を指摘している。大手ジャンケットは、債務回収まで顧客の旅券(パスポート)や身分証明(ID)カードなどを預かり、支払いが滞れば顧客の親戚や友人に支払いを要求する方法をとる。カジノ事業などを手がける澳門実徳(マカオサクセス)の馬浩文(ホフマン・マー)副会長は、小規模ジャンケットの買収が進み、大手の支配力が強まるとの考えを示している。

マカオには現在、正規の免許を持つジャンケットが200社以上存在する。

<マカオ>


関連国・地域: 中国マカオ
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

食品見本市で農産物売り込み 日本の果物人気、日本米の食育も(08/12)

新たに4376人感染、前日から217人減(08/12)

乳幼児への接種加速へ、対応施設を増設(08/12)

外国人家政婦、隔離3日で仕事可能に(08/12)

日本郵船などの合弁、LNG船7隻の用船契約(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン