• 印刷する

ビスタランド、観光地隣接型住宅に20億ペソ

住宅開発最大手のビスタ・ランド・アンド・ライフスケープスは、パラワン州プエルトプリンセサなど3カ所の「観光地隣接型」の分譲住宅開発に総額20億ペソ(約37億円)を投じる計画を明らかにした。総面積34ヘクタールの敷地に合計2,400戸の住宅を整備する。1戸当たりの価格は80万~350万ペソで、合わせて50億ペソ程度の売り上げを見込んでいる。25日付マラヤなどが伝えた。

住宅開発を予定しているのは、イロコススール州ビガン、ボホール州タグビララン、プエルトプリンセサの3カ所。いずれも「カメリア」ブランドで展開し、年内の発売を予定している。

このうち、スペイン統治時代の町並みが国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されているビガンでは、隣接するバンタイ町の15ヘクタールを対象に住宅開発を行う。一方、景勝地チョコレート・ヒルズなどで知られるボホール島のタグビラランではボホール海(ミンダナオ海)を見下ろす高台、「新・世界自然七不思議」に指定された地下河川のあるプエルトプリンセサでは海岸から2キロメートルの緑豊かな地区にそれぞれ開発用地を確保している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(15:01)

テイクオフ:ルソン島北部を7月下旬…(08/09)

再エネ導入目標20%上げ 政府、40年に5千万キロワット超(08/09)

新型コロナ、1~7日は新たに2万7331人感染(08/09)

6月失業率6.0%と横ばい、先行き不透明(08/09)

ガソリン値下げ、2週間ぶり(08/09)

ソーラー比、メラルコにベース電源提供へ(08/09)

メラルコ、140万kWの電力入札実施へ(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン