• 印刷する

H&Mのセントラル旗艦店、来秋撤退決まる

スウェーデンのアパレル大手H&Mのセントラル旗艦店が、来年秋に姿を消すことになった。賃借期限の到来後、スペインの同業ZARAに同物件を明け渡すことが正式に決まったため。28日付信報などがH&M広報担当者の話として伝えた。

H&Mのセントラル旗艦店は、クイーンズロード・セントラル沿いにあるレーンクロフォード・ハウスの計5フロアで、売場面積は3万平方フィート(約2,790平方メートル)。H&Mは物件オーナーのウィーロック(会徳豊)と、月決め賃料500万~550万HKドル(約5,070万~5,570万円)で賃借契約を結んでいるとされる。

これに対しZARAは、同物件をH&Mの2倍に当たる月140万米ドル(約1億1,000万円)で賃借することでウィーロックと合意したもようだ。

H&Mの広報担当者は27日、セントラル旗艦店の店舗賃借契約を更新しなかったことを認めた。その上で、セントラルで他の候補物件を物色していること、人員整理は行わないことを明らかにしている。

H&Mは現在、香港で旗艦店を含め12店舗を展開。また傘下の別ブランド「コレクション・オブ・スタイル(COS)」のアジア1号店を6月にセントラルに開店した。<香港>


関連国・地域: 香港欧州
関連業種: 繊維建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

隔離廃止で輸出振興に光明も 落ち込み続く、8月は14%減(09/27)

新たに4034人感染、前日から137人増(09/27)

隔離廃止は逆風、飲食業界が懸念(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

キャセイ、地上職を1000人増員へ(09/27)

経済正常化へ準備加速を、財政長官(09/27)

米商議所、会員継続8割強にとどまる(09/27)

続落、ハンセン指数は0.4%安=香港株式(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン