• 印刷する

トヨタ、バンガロールで来年ホテル運営

トヨタ自動車の全額出資子会社でホテル、施設運営を手掛けるトヨタエンタプライズ(名古屋市中村区)は5日、南部カルナタカ州バンガロールでビジネスホテルを運営すると発表した。来年1月の開設を目指す。ホテルには日本人向けのレストランも併設するという。同社が海外でホテル運営に乗り出すのは初めて。

トヨタエンタプライズの広報担当者は、トヨタ・キルロスカ・モーターズ(TKM)が進出するバンガロールでアンケートを採った結果、日本式のサービスがないことの不便さを感じているとの回答が多かったと説明。日本式サービスを提供していくと語った。

特に日本食に対する需要は高いとみており、宿泊客以外も利用できるレストランを併設する予定を明らかにしている。

■地場と協議

ホテルの場所などは明らかにしていないものの、既存の物件を活用して事業を行う計画と説明した。現地のビジネスホテル運営事業者と協議を進めているという。

声明には、日本で宿泊・保養施設を運営する経験を生かし、日本人出張者・駐在員が「便利で安心して快適な時間を過ごせる」ようなサービス提供を目指すと説明している。

これまでに海外事業で同社から人員を派遣したことはあるものの、拠点を設置することや、ホテルの運営を直接手掛けるのは初めてとなる。

在インド日本大使館がまとめたインド進出日系企業進出リストによると、カルナタカ州の日系企業拠点は昨年11月時点で182拠点。多くはバンガロールに拠点を置く。トヨタエンタプライズは、これらの拠点で日本式のサービス提供への需要が高まっていると指摘している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

総額1.3兆円規模の投資承認 オディシャ州、鉄鋼中心に10件(08/12)

石油公社、第2世代エタノール工場を開所(08/12)

コロナで導入の航空運賃規制、8月末で撤廃(08/12)

アイシャーの4~6月決算、増収増益と好調(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン