• 印刷する

国際空運協会、首都の空港税上げは国民無視

国際航空運送協会(IATA)のトニー・タイラー事務総長兼最高責任者(CEO)は11日、デリーのインディラ・ガンジー国際空港の空港税を4.5倍引き上げたことは当局が国民の利益を無視した結果だと批判した。引き上げで、同空港が世界で最も高額な使用料を徴収する空港になったと述べている。

同CEOが中国・北京で開催されたIATAの総会での演説で指摘した。このほかに南アフリカ共和国が空港税を206倍に、管制徴収料を70%引き上げた例を提示。両国の当局ともに誤った改定をしたわけではないものの、国民の利益を考慮したとも言えないと述べた。その上で、IATAが当局と協力することで、雇用の創出や経済成長を促進し、渡航コストを適切な水準に保つ必要があると語っている。

このほかに、インド政府が西部マハラシュトラ州ムンバイの拡大する空港利用需要に応えて新空港を建設するだけの政治的意思を欠いていると指摘している。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新興LCCアカサ航空、運航を開始(08/08)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソフトバンクG赤字3兆円、国内最大(08/09)

テイクオフ:13日から15日は国旗…(08/08)

タタなどIT4社が増収 4~6月期、DX受注が堅調(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン