「ASEANの結束問われる」、フンセン氏

今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国、カンボジアのフン・セン首相は、21日の国際平和デーを記念する声明で、ASEANの結束と調和が重要だと訴えた。域内ではミャンマーの政情不安への対応で足並みがそろわず、世界ではロシアのウクライナ侵攻などもあって政治的緊張…

関連国・地域: タイミャンマーカンボジアマレーシアASEAN
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国軍政党、地盤固めに意欲 新党首キンイー氏「勝利へ」(10/07)

政党は総選挙阻止の行動を、抵抗勢力が要請(10/07)

中銀が準備金預金率変更、インフレ警戒で(10/07)

通貨が小反落、1ドル=3000チャットに(10/07)

ピューマ、ミャンマー事業を地場企業に売却(10/07)

燃油4%高に、ガソリン8日ぶり上昇=6日(10/07)

中国から購入の鉄道車両、試運転に成功(10/07)

拘束の久保田さん禁錮7年、審理続く(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン