• 印刷する

車産業の労働力不足懸念=自動車研究所

タイ自動車研究所(TAI)のワロップ所長は、4月1日に実施された法定最低賃金の引き上げが自動車メーカーの経営に特に大きな影響は与えていないとの認識を示す一方、労働者不足が深刻化しているとの懸念を表明した。2日付ポストトゥデーが報じた。

TAIは今年の自動車生産台数が昨年の145万台から200万台に増加すると予測しているが、労働者不足で自動車・部品各社の設備稼働率が低下した場合、これを割り込むこともあるとみている。自動車・部品および周辺産業に従事する労働者は現在約50万人。今年は生産台数の増加に合わせて最低でも10万人の新規雇用が必要とされるが、これを確保するのは容易ではないという。

同所長は、こうした労働力不足を補うため、自動車・部品各社は生産の機械化や従業員のスキルアップに取り組む必要があると指摘。日タイ経済連携協定(JTEPA)に組み込まれている人材育成プログラムなどを活用して日本からの技術導入を加速させるべきと提言した。

2015年の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)発足については、他国からタイへの安価な部品供給が増え、人件費の安い近隣国へ生産拠点を移す企業は増加するが、域内最大の自動車製造拠点としてのタイの地位は揺るがないとの見方を示した。


関連国・地域: タイ日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:29)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(15:56)

小売りセントラル、2Qに黒字転換を達成(18:05)

テイクオフ:バンコクのような大都市…(08/18)

現地パートナーとの協業増加 ブーム到来の太陽光発電(下)(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

新規の感染2461人、死者28人(17日)(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン