菜食期間、今年の消費額は5.2%増見込み

タイ商工会議所大学(UTCC)がこのほど実施した調査によると、今年の菜食期間(キンジェー、ベジタリアンフェスティバル)の消費額は422億バーツ(約1,630億円)となり、前年同期比5.2%増加する見通しだ。今年の菜食期間は9月26日~10月4日。新型コロナウイルス感染状況の改…

関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2年ほど前に入院したこ…(09/29)

労働者海外派遣、再開で急増 先行の日本、今年は過去最多に(09/29)

〔アジア人事〕日本電産など(09/29)

脱炭素、日系各社の商機高まる エネルギー展示会で確かな手応え(09/29)

ホンダ、「スクーピー」の新型3モデル発売(09/29)

【アジア本NOW】『世界珍食紀行』(09/29)

物流JWD、今年の売上高15%増228億円へ(09/29)

プルックサー、首都圏タウンハウス4件発売(09/29)

電設プリサイス、サマートにメーター供給(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン