• 印刷する

テイクオフ:17日と18日に台東県…

17日と18日に台東県を震源とするマグニチュード(M)6以上の大規模な地震が発生し、台北市でも揺れを感じた。地震の発生前にたまたま目的地を変更したのだが、実は今週末に台東県を訪れる予定だった。

現地メディアによると、台東・花蓮エリアは地震が年間約2万回発生するそうだ。花蓮県出身の友人に今回の地震について聞いたところ、友人の実家は問題なかったが、玉里鎮に住む彼の友人宅の壁には亀裂が生じたらしく、心配そうな様子だった。ニュースで見た現地の小学校は、傾いていて今にも倒壊しそうだった。まだまだ老朽化した建物が残っているのだろう。

以前、花蓮県と台東県を訪れ海や山、満開のユリに似たオレンジ色の花「金針花」が咲く花畑を見に行ったことがある。息をのむような絶景で何度も訪れたい場所だ。一日も早い復旧を願わずにはいられない。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、26日は2万8513人(15:36)

テイクオフ:約217万人と約489…(09/26)

観光業、水際対策緩和を歓迎 コロナ前回復には時間必要と指摘(09/26)

台湾航空各社が10月に増便、日本路線も(09/26)

インディカ、台湾鴻海とEV合弁会社を設立(09/26)

雄獅、年末に訪日旅行業績3割まで回復予測(09/26)

マスク規定、冬までは維持=政府高官(09/26)

新型コロナの域内感染者、25日は3万8785人(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン