• 印刷する

SBIモーゲージ、韓国有価証券市場に上場

SBIホールディングス(東京都港区)の子会社であるSBIモーゲージ(東京都港区)は4月30日、韓国取引所(KRX)から有価証券市場(KOSPI市場)へ上場した。

日本に本社を置く企業の有価証券市場上場は初めて。また同日、韓国預託証券(KDR)の売買を開始した。

同社は「今回のKOSPI市場上場による国際的な信用力と知名度の向上を契機とし、さらなる競争力の強化、および韓国国内における事業展開を図りたい」とコメントした。

しかしこのところの新規株式公開(IPO)人気にもかかわらず、初値が公募価格(7,000ウォン=約500円)を下回る6,300ウォンとなるなど厳しい出足となった。誓約競争率も1.81対1にとどまった。

背景には、日本企業として初めて韓国株式市場に上場した、インターネット広告を手がけるネプロアイティ(東京都中央区)と中国高繊の上場廃止などにより外国企業に対する投資家の投資心理が冷え込んでいることがある。


関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万人、死者8人増(14:41)

23年の最低賃金9620ウォン 前年比5%上昇、労使が共に反発(07/01)

中国企業の貿易業務が改善 コロナ影響緩和、利益上向き(07/01)

新規感染者9595、死者10人増(07/01)

昭和電工とSK、半導体用ガスの米生産検討(07/01)

サムスン電子、業界初の3ナノ量産開始(07/01)

〔政治スポットライト〕豪首相がNATO会議参加、オーカスも確認(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン