太陽光発電所の建設開始、南部アッタプーで

ラオス南部のアッタブー県サイセター郡で、ラオス政府などが「ソーラー・アッタブー・発電プロジェクト(SAPP)」として進める太陽光発電所の建設が始まる。12日に起工式が行われた。一般世帯向けに電力を供給する同国初の太陽光発電所になるという。ビエンチャン・タイムズ(…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

22年成長率予測、世銀が2.5%に下方修正(09/29)

9月閣議、通貨の安定化など協議(09/28)

デング熱の感染者数、2万5000人を突破(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

東南ア低所得国に物価高の波 2カ国、スリランカに次ぐ水準(09/26)

経済成長見通し、2.5%に下方修正=ア開銀(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン