農心の国内事業、24年ぶり営業赤字に

韓国食品大手の農心が16日発表した2022年4~6月期の決算は、原材料価格の高騰で営業利益が大幅に減少し、国内事業は24年ぶりの営業赤字となった。韓国経済新聞などが伝えた。 売上高は7,562億ウォン(約777億円)で前年同期比16.7%増えたが、営業利益は43億ウォンで75.5%減少…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マ韓FTA締結、関係深化に不可欠=大使(09/30)

AIや6Gでデジタル強国へ 政府戦略、競争力世界3位目指す(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

新規感染者3.1万人、死者46人増(09/30)

30年にEV330万台生産、世界シェア12%へ(09/30)

2Qファウンドリーシェア、サムスン16.5%(09/30)

ILサイエンス、車用シリコンレンズを量産(09/30)

技術革新指数、韓国が2年連続アジア首位(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン