習氏、党大会へ活動再開=地方視察で求心力向上

【北京共同】17日の新華社電によると、中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は16日、東北部の遼寧省を視察した。共産党幹部が集まる非公式の「北戴河会議」が終わり公的活動を再開したとみられる。秋ごろに開く5年に1度の共産党大会を前に「共同富裕」など自身が掲げる戦略…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(10/04)

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

中銀、人民元での燃油輸入代金の決済を容認(10/04)

フェロニッケル、中国企業の22%株取得(10/04)

シャオミ、差押資産はクアルコムへの支払い(10/04)

NZ携帯市場シェア、アップルが41%で最大(10/04)

衣料品やガス、輸出が回復 収支均衡図るも資源高重しに(10/03)

〔アジア人事〕LIXILなど(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン