• 印刷する

三井造船、3カ国の製鉄所向け90億円受注

三井造船は15日、インドの鉄鋼大手2社を含めた3カ国の製鉄所向け設備を受注したと発表した。高炉用大型軸流圧縮機10基と、高炉用タービン発電設備6基で、内定も合わせた受注額は90億円となる。

インドからの受注は、タタ・スチール向けが高炉用タービン発電設備1基を受注、もう1基を内定している。さらにジンダル・スチール・アンド・パワー(JSPL)からも1基を内定しているという。

送風機とも呼ばれ、高炉の前の熱風炉設備に必要な高圧・大風量の空気を圧縮するための軸流圧縮機は、タタ向けが2基内定、ジンダル向けが3基内定している。

このほかの受注は、韓国の2社向けが軸流圧縮機4基と発電設備3基、中国企業向けが軸流圧縮機1基となる。出荷は来年度に開始し、同年度中にすべて出荷する計画となっている。

各社向けの設備の詳細は明らかにしていないものの、軸流圧縮機が20~60メガワット(MW)級、発電設備が10~40MW級という。

■売上高倍増へ

多くは昨年度の下半期に受注したという。これらの受注を受けて、組み立てを行う岡山県玉野工場に1億円を投じて生産能力を増強したと明らかにしている。2015年のこれらの製品の売上高を現在の2倍となる300億円に設定している。日本市場は低迷しているため、ほとんどが海外向けとみられる。

特にインドは成長が著しく、今後の海外への営業活動の中心に位置づけていると説明している。


関連国・地域: 中国韓国インド日本
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

オラ、初の電動四輪を投入へ 24年発売、自社生産の電池を搭載(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン