流行「第5波」出口間近か 実効再生産数低下、隔離0日視野

香港で新型コロナウイルスの感染の広がりやすさを示す実効再生産数が低下している。6月初めには感染者1人から約1.8人に感染が広がる状況だったが、7月下旬以降は感染の増加が頭打ちになったことを裏付ける数値となっている。政府は感染拡大に歯止めがかかった可能性があるとみて…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

仏コンサル大手、香港からア太本部を移転(10/04)

国営建設、香港社にスマラン高速道の株売却へ(10/04)

テイクオフ:香港政府は金持ちだ。本…(10/03)

飲食店の営業制限を緩和 4カ月半ぶり、消費券効果も期待(10/03)

無寄港クルーズの規制緩和、再開は不透明(10/03)

週末3日間の感染者、4000人前後で推移(10/03)

安定導いたと習指導部称賛、香港トップ(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン