証取所、年内に自主的炭素取引市場を開設

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)は15日、企業や個人が温暖化対策で削減した温室効果ガスの量を自主的に取引する「自主的炭素市場(Voluntary Carbon Market、VCM)」を対象とした取引所を年内に設立すると発表した。温室効果ガスの排出削減、回避なども目的とする事…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1483人、4日連続で2千人未満(11:49)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(10/05)

〔アジア人事〕日産自動車など(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

為替相場、リベンジ旅行後押し 水際対策緩和で訪日ツアーは満席(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

新規感染1244人、3日連続で2千人未満(10/05)

技術者向けの緊急入国用ビザ新設、入管(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン