興行ゲンティン、1~6月は4%減益

シンガポール興行大手のマレーシア系ゲンティン・シンガポールの2022年1~6月期決算は、純利益が8,443万Sドル(約82億円)となり、前年同期から4%減少した。売上高は大きく伸びたが、コストが膨らんで収益を圧迫した。 売上高は2割増の6億6,314万Sドル。新型コロナウイル…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:水道光熱費が高い高い―…(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

潜在成長性高い域内市場に期待 フジテック、インフラ整備需要狙う(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

企業の期日内支払い、3Qは1年ぶり悪化(10/05)

9月の製造業PMI、2年3カ月ぶり50割れ(10/05)

個人所得税、最高税率引き上げへ(10/05)

事業信託法改正、透明性向上など柱(10/05)

医療ロボット企業、現法開設(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン