台湾統一後に「再教育を」、中国大使発言で反発

【北京共同】中国の盧沙野・駐フランス大使は11日までに、中国が台湾を統一した後、愛国心を育てるために台湾人に「再教育」を行うべきだとの考えを示した。中国共産党・政府への批判を禁じ、忠誠心を植え付ける思想教育の実施を示唆した発言として注目され、反発が強まっている。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、30日は4万3280人(10:53)

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

車載用IC、26年に全体の9.9%に(09/30)

経済部、地熱資源のプラットフォーム設置へ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン