• 印刷する

トヨタ、G20でレクサスEVを143台提供

記念式典に出席したアイルランガ調整相(中央)、トヨタ・アストラ・モーター(TAM)のヘンリー副社長(右から2人目)、在インドネシア日本大使館の田村政美次席公使(右端)ら=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

記念式典に出席したアイルランガ調整相(中央)、トヨタ・アストラ・モーター(TAM)のヘンリー副社長(右から2人目)、在インドネシア日本大使館の田村政美次席公使(右端)ら=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

トヨタ自動車は、今年11月にインドネシアのバリ州で開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で使用される公式車両として、同社の高級車ブランド「レクサス」の電気自動車(EV)のスポーツタイプ多目的車(SUV)「UX300e」を143台提供する。首都ジャカルタの経済担当調整省庁舎で10日、記念式典が開催された。

各国の閣僚向けに使用される予定。日本で生産したものを輸入する。

アイルランガ調整相(経済担当)は同日の式典で、車両の提供に対し謝意を表明し、引き続きEVエコシステム(ビジネス生態系)の構築に取り組む考えを述べた。

G20サミットの公式車両については、韓国の現代自動車、中国の上汽通用五菱汽車(SGMW)も車両を提供することが明らかになっている。アイルランガ調整相によると、現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」が46台、SGMWが300台のEVを提供する。このほか電気バスも公式車両として使用される予定だと明らかにした。

レクサスのEV「UX300e」に試乗するアイルランガ調整相=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

レクサスのEV「UX300e」に試乗するアイルランガ調整相=10日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

スタートアップの協業支援 ジェトロ主催、日イ21社紹介(10/07)

住商、東南ア最大級の水力発電開発に協力へ(10/07)

CO2削減目標、30年に32%減に引き上げ (10/07)

地場ECを税金収納機関に、税務局が検討(10/07)

小売りヘロー、岡部現法に土地建物を売却(10/07)

ホンダ二輪、G20用に電動スクーター提供(10/07)

食品ダイヤモンド、チカランの生産施設拡張(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン