エネ相、発電燃料で「国産化を強化」

フィリピンのロティリア・エネルギー相は9日、就任後初の記者会見を開き、国内で発電燃料の国産化を強化すると表明した。国産エネルギー源の開発や電力協同組合の強化、エネルギー部門への投資拡大を重点事項に据えた。 ロティリア氏は、発電燃料の6割近くを輸入が占める現状に…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショッピングモールの電…(10/05)

ピックアップ車課税に懸念 議会で審議進む、新車販売減も(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

東芝ESS、地熱発電設備を一括受注(10/05)

エネ統制委、2社の電力値上げ申請却下(10/05)

9月の製造業PMI、内需拡大で改善続く(10/05)

欧米に続き各国利上げ、アジア太平洋地域(10/05)

アンヘレス報道官辞任、大統領府(10/05)

首都圏水道局、31億ペソで新トンネル建設(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン