脱炭素団体のCO2取引、1年で50万トン

タイで二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出抑制を目指す業界団体「カーボンマーケットクラブ(CMC)」は、設立から1年でカーボンクレジットの取引量が約50万トン(CO2排出量換算)になったと明らかにした。ターン・セータキットの最新号が報じた。 CMCが運営…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ・バンコクを走る高…(10/04)

コメ兵、出店を加速 リユース文化拡大へ(10/04)

再生エネEA、乗用EVの開発計画を続行(10/04)

BMW販社、首都東部に旗艦ショールーム(10/04)

チェンマイ空港拡張、設計業者の選定開始(10/04)

ガルフ、大型ガス火力発電所第4基が稼働(10/04)

乾燥トウガラシさらに高騰、2万チャットに(10/04)

政府、再生可能エネ促進へ電力購入基準作り(10/04)

千葉・松戸に入管出張所、茨城の外国人も利用可(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン