過激労組が企業の重荷に 運送の支障深刻、銀行もスト予告

韓国企業にとって労働組合との賃金交渉は、毎年訪れる大きな試練の1つだ。「過激労組」と言われる全国民主労働組合総連盟(民主労総)に属する労組をはじめ、多くの団体がストライキを断行し、新型コロナウイルス禍で疲弊した企業経営を圧迫している。最近では運送・物流業者の労…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

マ韓FTA締結、関係深化に不可欠=大使(09/30)

AIや6Gでデジタル強国へ 政府戦略、競争力世界3位目指す(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

新規感染者3.1万人、死者46人増(09/30)

30年にEV330万台生産、世界シェア12%へ(09/30)

2Qファウンドリーシェア、サムスン16.5%(09/30)

ILサイエンス、車用シリコンレンズを量産(09/30)

技術革新指数、韓国が2年連続アジア首位(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン