• 印刷する

テイクオフ:日本に一時帰国すること…

日本に一時帰国することが決まってすぐ、台湾を巡る情勢が緊迫し始めた。飛行機が飛ばなかったらどうしようと頻繁に航空会社のサイトをチェックするが、運航キャンセルの知らせはない。台湾交通部(交通省)によると、航空便は代替ルートを調整することで対応したという。

帰国当日は、いつもより緊張しながら飛行機に乗り込んだ。ところが航路についての説明などはなく、到着予定時間も従来通りだった。機内のモニターでフライトマップを見ていると、確かに特定の場所を通らずに航行しているらしかったが、元からなのかそうでないのかは分からなかった。

結果、あっけないほど普段通りのフライトで予定通りの時間に目的地に到着することができた。こんな時だからこそ、「いつもと同じ」が安心だし、ありがたい。見送りの乗組員の方たちの笑顔がまぶしかった。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、2日は4万3241人(19:00)

新型コロナの域内感染者、30日は4万3280人(20:08)

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン