• 印刷する

アスコット、共同生活型施設を東京で初展開

アスコットは若者向けのコリビング(共同生活)型の施設「lyf(ライフ)」を東京で初展開する(同社提供)

アスコットは若者向けのコリビング(共同生活)型の施設「lyf(ライフ)」を東京で初展開する(同社提供)

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは4日、若者向けのコリビング(共同生活)型の施設「lyf(ライフ)」を東京で初展開すると発表した。

傘下のファンドやカタール投資庁と共同で取得した銀座の不動産を、「ライフ銀座 東京」(全140戸)に改築する。2023年6月の開業を予定している。

ライフは16年に立ち上げたブランド。ミレニアル世代(1981年~90年代半ばに生まれた世代)をターゲットに、地元の人と同じような生活を体験できるというコンセプトを掲げている。

シンガポールのほか、日本(福岡)、中国、タイ、オーストラリアでも運営。今後は東南アジア各国や欧州でも展開していく計画だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市国家の象徴であるマ…(08/15)

高級オフィス賃料の上昇加速 需給逼迫で、当面は継続の見方(08/15)

漫画ネット販売TORICO、現法設立(08/15)

ケッペル、独で洋上風力発電事業の権益取得(08/15)

ゲーム開発のヴァーチャス、首都に拠点開設(08/15)

農作物商社オラム、1~6月は2%増益(08/15)

糖分などの表示義務、作りたて飲料も(08/15)

陸運コンフォート、1~6月は増収増益(08/15)

全国労働組合、労働者の意見反映の場を開設(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン