石炭徴収金の引き上げ検討、発熱量に応じて

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は2日、石炭会社から徴収するロイヤルティーの料率を引き上げる計画を明らかにした。料率は、石炭の市場価格に応じて政府が毎月設定する石炭指標価格(HBA)と、石炭の発熱量に応じて算出する。3日付コンタンが伝えた。 同省鉱物石炭局…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

国営石油、新バイオ燃料を開発へ(20:48)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

ミシュラン、「アキレス」タイヤ輸出終了へ(20:49)

テイクオフ:インドネシアの独立記念…(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン