• 印刷する

三菱化工機、ポリプラスチックスの工場増設受注

三菱化工機(神奈川県川崎市)は21日、ポリアセタールを生産するポリプラスチックス(東京都港区)が100%を出資して設立したマレーシア子会社、ポリプラスチックス・アジア・パシフィック(PAP)の工場増設工事を受注したと発表した。工事は2013年9月末に完成し、翌14年から稼働する見通し。

三井物産が100%を出資する機械専門商社の三井物産プラントシステムと共同で、PAPがパハン州クアンタンに持つポリアセタールポリマー重合設備工場向けの設備を導入する。うち三菱化工機は詳細設計から現地での工事、マレーシア国内での資機材調達、三井物産プラントはマレーシア国外からの資機材調達を担当する。

受注は2度にわたる選定で決まったという。三菱化工機の担当者によると、受注額は非公開。三菱化工機は、三井物産プラントとの提案内容や技術力、マレーシアでのプロジェクト遂行能力などが評価されたものとしている。工場の増設により、PAPのポリアセタール年産能力は、現在の3万3,000トンから12万3,000トンにまで大きく拡大する。

ポリアセタールは成形性、機械特性などに優れており、エンジニアリングプラスチックとして家電や電子機器、自動車部品、住宅資材など幅広い分野で使われている。アジアでは現地の経済成長などを背景にポリアセタール需要が急速に拡大しており、今後も年4~8%の伸びが見込まれている。

マレーシア工場の増設により、ポリプラスチックスのポリアセタール年産能力は29万トンに拡大し、世界需要の3分の1を担うことになる見通し。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

ハーゲンダッツのバニラアイスに回収命令(08/12)

ハラル産業への日本の投資要請=貿易公社(08/12)

ペナンLRT事業、入札書類の提出期限延長(08/12)

GDP成長率、4~6月は8.9%(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

喫煙規制法案が市場に困惑 急激な厳格化、密輸拡大に懸念も(08/12)

新規感染4896人、4日ぶり4千人超え(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン