• 印刷する

ノル首相府相、Q1経済成長を4~5%と予測

ノル・モハメド首相府相は22日、1~3月(第1四半期)の経済成長率が、4~5%になるとの見通しを明らかにした。同期の国内総生産(GDP)統計は、きょう23日に発表予定となっている。国営ベルナマ通信が伝えた。

同相は、同期は堅調な経済活動が行われたとして、4~5%の伸びを確保できると指摘。また現時点のデータを見る限り、4~6月(第2四半期)も比較的良好な成長が見込めるとみている。

ただ、現在の景気について、欧州の債務問題がマレーシア経済にも影響を与える可能性を懸念しているとした。同相は「過去にもきびしい状況に対峙(たいじ)してきた。今回も乗り越えることができると信じている」とコメントした。

マレーシア中央銀行は、今年通年の経済成長の伸びを4~5%と予測している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

印軍用機HAL、マレーシアで事務所開設(08/19)

7月の新車販売、6.5倍の4.9万台(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン