政府、9月にも外国人の住宅地保有を容認へ

タイ政府は、外国人による住宅用地の所有を容認する計画だ。外資導入によって経済活性化につなげる狙い。バンコクポストが15~16日報じた。 タナコン政府報道官は15日、閣議承認されれば、今年9月から外国人の住宅用地所有が許可されると明らかにした。上限は1ライ(0.16ヘクタ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規の感染839人、死者9人(9月30日)(09/30)

プラユット首相は職務継続、内閣改造見通し(09/30)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(09/30)

「世界の台所」の商機探る 地場は代替素材や自動化に関心(09/30)

電動乗用車投入の動き広がる サイム、中国BYDのEV販売へ(09/30)

長城汽車のハーバルPHV、予約6千台に(09/30)

再生エネEA、マレーシアに電動バス200台(09/30)

運輸省、渋滞エリアで通行料金の徴収を検討(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン