深セン隔離ホテルが争奪戦 不足深刻、ダフ屋が価格つり上げ

中国広東省深センの入境者用隔離ホテルの争奪戦が過熱している。1日当たり1,300室しかなく不足が深刻だったため、深セン当局はきょう8日から部屋数を2,000室に増やした。だが夏休みの帰省で需要が大きく、予約は依然として困難なままだ。インターネット上では不当な手数料をとっ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港政府が入境時隔離の…(09/26)

入境時の強制隔離を廃止 26日から、3日間は行動制限(09/26)

金融センターランク、アジア首位に浮上(09/26)

本土との水際対策も変更、隔離は全面廃止(09/26)

毎日の感染報告会見を取りやめ、状況安定で(09/26)

キャセイ、10月から日本便を増便・再開へ(09/26)

続落、ハンセン指数は1.2%安=香港株式(09/26)

ビザ免除・個人旅行解禁へ、来月11日から(09/26)

世界金融センター番付、香港は4位に後退(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン