6月CPI、5年ぶり高水準 前年比4.35%上昇、食料高で

インドネシア中央統計局が1日発表した6月の消費者物価指数(CPI、2018年=100)は111.09となり、前年同月比4.35%上昇した。食料価格や燃料価格の上昇の影響を受け、17年6月(4.37%上昇)以来、初めて4%を超えた。専門家は、7月から一部家庭向け電気料金が引き上げられる…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

レクサス「RX」をアジア初公開、PHVも(08/12)

7月二輪販売、3カ月ぶり30万台超(08/12)

首都圏LRT、車両基地の一部が使用可能に(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン