• 印刷する

初の国債発行が延期、技術問題で

カンボジアで、同国初となる国債の発行が延期された。財務経済省は、技術的な問題のためと理由を説明。新たな発行日は追って通知するとしている。当初計画では6月末に発行される予定だった。プノンペン・ポスト(電子版)が6月29日伝えた。

同省の報道官は、省内の技術チームが現在、問題解決に当たっていると語った。作業の完了予定日については言及しなかった。

カンボジアは6月末に、同国初となる3億米ドル(約408億円)相当の国債を発行する計画だった。

オウン・ポンモニラット財務経済相は5月、「国債はカンボジア証券取引所(CSX)で活発に取引され、社債の価格決定や財務分析で指標となることが期待される」と話していた。

CSXには現在、メインボード(主要市場)と中小企業向けのグロースボード(新興市場)を合わせて、9社が株式を、7社が社債を上場している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~7月の航空便利用者、6倍増の90万人超(08/12)

国内初の信用格付け会社、営業免許を取得(08/12)

新型コロナ、10日は36人の感染確認(08/12)

政治危機に「懸念」、ARF議長声明(08/12)

アンコール遺跡の観光客、1~7月は13.5倍(08/11)

首都の環状3号線、9月完工の見通し(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン