• 印刷する

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手キャピタルA(旧エアアジア・グループ)傘下のエアアジア・マレーシアは6月30日、首都クアラルンプールとベトナム中南部カインホア省ニャチャン市、中部高原ラムドン省ダラット市を結ぶ便の運航を7月に再開すると発表した。

クアラルンプール―ニャチャン線は7月8日に運航を再開する。月曜と金曜に週2往復運航する。スケジュールは、AK204便が午前10時10分にクアラルンプール発、同11時30分にニャチャン着。AK205便は正午にニャチャン発、午後3時25分にクアラルンプール着となっている。

クアラルンプール―ダラット線は7月10日に運航を再開する。日曜と水曜に週2往復運航する。スケジュールは、AK571便が午前11時にクアラルンプール発、午後0時10分にダラット着。AK572便は午後0時40分にダラット発、同3時50分にクアラルンプール着となっている。

両路線とも片道運賃は149リンギ(約4,600円)からとなっている。


関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

ハーゲンダッツのバニラアイスに回収命令(19:00)

ハラル産業への日本の投資要請=貿易公社(16:27)

ペナンLRT事業、入札書類の提出期限延長(15:35)

GDP成長率、4~6月は8.9%(13:41)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

喫煙規制法案が市場に困惑 急激な厳格化、密輸拡大に懸念も(08/12)

新規感染4896人、4日ぶり4千人超え(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン