起亜や双竜自、EVに中国製電池搭載へ

韓国の完成車メーカーが、電気自動車(EV)への中国製バッテリーの搭載を拡大している。これまで中国現地販売モデルには中国製バッテリーを搭載していたが、韓国国内向けにも中国製の採用を始めた。6月30日付電子新聞が伝えた。 双竜自動車は、2023年下半期に国内と欧州で発売…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:IT大手カカオの新社屋…(08/17)

商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気(08/17)

新規感染者8.4万人、死者37人増(08/17)

テスラの7月販売ゼロに、供給不足で(08/17)

LGエナジーの電池特許、CATLの6倍に(08/17)

ロッテと南部発電、低炭素水素事業で協力(08/17)

LG化学と米穀物企業、バイオプラ生産へ(08/17)

CJ大韓通運、京畿道に新物流拠点オープン(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン