• 印刷する

21年国内旅行総支出額、コロナで過去最低に

マレーシア統計局が29日発表した2021年の国内旅行動向調査によると、旅行先での買い物や飲食、ガソリン代などを含めた総支出額は前年比54.5%減の184億リンギ(約5,680億円)だった。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)や入国制限が影響し、調査を開始した08年以降最も低い水準となった。

総支出額に占める割合は「買い物」が50.3%で最大。「飲食代」が15.1%、「自動車の燃油代」が11.1%、「宿泊」が5.9%、「親戚や友人へのお土産」が5.2%、「交通」が4.8%、「入場料・チケット」が4.7%、「その他活動」が2.9%となった。

21年の国内旅行者数は、前年比49.9%減の延べ6,600万人。通年の旅行回数は50.7%減の7,240万回だった。

旅行の目的は「買い物」が36.4%でトップ。「親戚・友人を訪問」が24.2%、「観光・リラクセーション」が15.5%、「医療・治療」が10.3%、「報奨旅行・その他」が6.6%。

州別の訪問客数は、スランゴール州が最多の1,020万人。クアラルンプールが910万人、サラワク州が650万人、ヌグリスンビラン州が550万人、ペナン州が510万人で続いた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

RM1=30.2円、$1=RM4.47(18日)(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン