• 印刷する

テイクオフ:今月は日本への一時帰国…

今月は日本への一時帰国などで出費がかさんだことから、銀行預金の残高が乏しくなった。月内は質素倹約に努めようと考えていたところ、預金がわずかながら増えていることに気付いた。預金金利だった。

ゼロ金利が続く日本では、そもそも銀行預金に金利が付くという認識が薄れて久しい。タイでも過去最低水準の政策金利が続いているものの、日本に比べればまだ金利が付いたという実感は得られる。

タイ中央銀行が今年下半期(7~12月)に政策金利の引き上げを実施するという観測が高まっている。物価高騰を緩和するために利上げ圧力が高まる一方、金利上昇によって家計債務が膨らみ購買力がさらに低下するとの指摘もある。個人的には金利上昇は歓迎するところだが、景気回復に水を差さないよう、物価上昇を抑えなければならない中銀には難しいかじ取りになりそうだ。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン