• 印刷する

豪5月小売売上高増加続く、物価上昇の影響も

豪政府統計局(ABS)は29日、今年5月の小売売上高(季節調整値)が342億2,920万豪ドル(約3兆2,100億円)と、前月比0.9%増加したと発表した。今年に入って5カ月連続での増加となり、前月に引き続き過去最高を更新した。5月の小売売上高の伸びには、物価の上昇が影響している。

前年同月比では10.4%増加だった。

項目別(季節調整値)では、◇デパート:18億7,340万豪ドル(前月比5.1%増)◇カフェ・レストラン・持ち帰り食品サービス:47億8,660万豪ドル(1.8%増)◇その他:53億9,630万豪ドル(1.5%増)◇食品:132億5,590万豪ドル(0.6%増)◇家庭用品:60億4,600万豪ドル(0.4%増)――と増加した。減少したのは、衣服・靴・アクセサリーで28億7,100万豪ドル(1.4%減)だった。

地域別では、◇ニューサウスウェールズ州:107億8,400万豪ドル(1.6%増)◇ビクトリア州:88億560万豪ドル(1.3%増)◇クイーンズランド州:71億970万豪ドル(0.4%減)◇南オーストラリア州:21億6,640万豪ドル(1.9%増)◇西オーストラリア州:37億5,400万豪ドル(0.2%増)◇タスマニア州:6億8,620万豪ドル(1.1%増)◇北部準州(NT):3億450万豪ドル(0.6%増)◇首都圏特別区(ACT):6億1,880万豪ドル(0.3%減)――だった。

ABSは「5月の小売売上高は6項目中5項目が増加となり、消費の底堅さが維持された。物価の上昇に影響を受けた小売売上高の上昇は、カフェ・レストラン・持ち帰り食品サービスと食品で最も顕著にみられた」と説明した。

BISオックスフォード・エコノミクスのランケーク氏は、「インフレは小売売上高を引き続き押し上げるが、家計の圧迫により数量ベースでの消費には大きな逆風となるだろう」と指摘した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パプアニューギニアで、…(08/16)

伊藤忠と大成、豪企通じて協業 環境配慮コンクリート開発(08/16)

電通の豪業績成長率、ア太水準上回る(08/16)

豪EUのFTA交渉、租税条約の問題が浮上(08/16)

〔オセアニアン事件簿〕キャンベラ空港で発砲事件、シドニーでも(08/16)

シンガポール行き社用旅行、コロナ前超えに(08/16)

コーガン、契約違反による損失で物流企提訴(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン